車という、ちいさな空間

建築現場に行くと思うこと。
仕事のできる人の車は、機能的。

道具がすぐ取り出せる、もどせる仕組みができている。

たとえば、こどもが小さいとき、車はもう一つにリビングになる。
テレビがあったり、おもちゃがあったり、着替え?
お菓子をたべたり、飲み物をのんだり。
寝たり、喧嘩したり。
あ、成長しても送迎だったりで、並んで坐っていろんなことを話しました。
隔絶された空間で、夜走ってたりすると、意外な本音が飛び出したり。
大事な時間を過ごす場所。

さて、この車という空間、どう使ってますか?
自宅の部屋よりちいさいスペース。
天気のいいときにでも、全部だしてみませんか?
どれだけ、いらないモノがつまれているか、びっくりしますよ(笑)
あくまで、私の実体験です。
必要なものだけ、戻して、快適になりました。
車はまさに、私にとって遊びくらしはたらく場所です。

写真は現場で一緒だった大工さんの車。
冬の北海道、必要なものは積んでありますか?
ちょっと見直して、快適空間を手に入れてください。

わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

1コメント

  • 1000 / 1000

  • sumae-nakamura

    2017.02.08 01:05

    3年前リノベーション工事の最中でした 入院していた母に付きっきりだったので途中経過はほとんど見てませんが引渡し日は『なんということでしょう!』でした 今も進化してると思っています(^ ^)