悲しみなんて笑い飛ばせ

3月は卒業でセンチになって、4月は入学でセンチになる。
年中行事になりつつあります(笑)
新しいスタートに向けて、新年度の準備ができるわくわく。
家をでて違うステージに行くこどもたち。
残されてがらんとした部屋に、ぼうぜん。
悲しいのか寂しいのか、はたまた散らかってるのか。
人それぞれですが、暮らしが変化。

あくまで、私の場合。
寮生活を始める次男、スーツケースひとつの引っ越し。
ついていきましたよね、どんなところか。
この年、この時期桜が見事に咲いていて。
なんだか「桜」ソングがぐるぐる、泣けました。

息子ふたりが関東で暮らすことになり、
生活スタイルがかわりました。
ほら、稼がなきゃいけないので仕事をがんばり。
数か月に一度顔を見に、飛行機に乗るように。
そして、あちこち遊ぶことを覚えいまに至る。
旅の思い出は「東京見聞録」という名のフォトブックつくり。
シリーズもふたけたになります。
寂しいけど、笑い飛ばせるようになりました。
行けないなぁと思っていた場所に行けるようになりました。

記念すべき一か所目がホキ美術館。
まさか次男と行くとは。

寂しさの先に、楽しいことが待ってます。

ちなみに次男の寮は、寮費が4300円の2人部屋。
財布に優しいと喜んでましたが1週間で耐えられなくなり。
自力で不動産屋を巡り、GWには退寮、新しい生活。
大学という夢の先にまだ、ばたばたが待ち受けてました。

わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000