花の名

こういうお店って、店主の感性。


マダム、という呼び名がふさわしいオーナー。
もてなされてきました、友人セレクトのcafe。
まるで洋書のなかの世界で、ここはどこ?気分。

森というより小高い丘の中。
シマリスがお出迎えしてくれました。

もうね、なにこれー♪ とテンションがあがります。
ゼラニウムと紫陽花の鉢がいっぱい。

なかはどうなってるのか、気が急いてしまいます。
でも、ここも撮りたい(笑)
どこを切り取っても絵になる。
写真好きの友人と、同じ場所でも目線が違う。
それがなんだかまた面白い。


オープン前、すでにおいしい匂いでやられます。
お花をあしらう仕事を30年以上というマダム。

開店準備をしつつ、どんどんアレンジ。
みるみる花の香りの漂う空間が仕上がってきます。
無造作に、手早く、でもきれい。
柄のテーブルクロスに、いろとりどりの花。
カメラの腕がいいひと、連れてきたい。
ごめん、って気になっちゃいました、写真。


景色もごちそうです。
おなかいっぱいになります。

でもおいしいごはんにおいしい顔(笑)
珍しく顔出し。

あ、これ朝ごはんですから。
ラクレットがメインメニュー。
でもローストポークいただきました。
なんだか海外旅行の気分。


一緒に見た空も、いっしょにいたことも忘れない。
一緒に食べたものも、ね。



次はどこ?
おススメの場所を教えてもらいました。
ただね、説明がざっくり。
十字路を左に曲がって、突き当りを左。
まっすぐ行ったら、小さな看板。
細い道を上がっていくって、行けるのか?








わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000