ホライズンを追いかけて

海に沈む夕日が見たい。
チャンスを狙うが、なかなか叶わない。
いつもギリギリのところで雲に飲み込まれる。
今日は海からではなく川。
灯台を対岸から臨む。
映画の舞台になった灯台。
この先で、石狩川が海に合流。
海から、川から、丘から。
夕日の綺麗な町に住んでいる。

リアルな地平線と海。


この本のタイトルは、若かった私に響きました。

シワシワの愛読書。
パリダカールラリーを知ったのが1987年大会。
深夜のテレビで見て、のちにこの本で感動を追体験。
ユーミンのこの曲もこの時、この場所で生まれた。
夕日を追いかけている時のBGM。

「君がもし冒険を愛するなら
       私がその扉まで案内しよう」

何度読み返してもドキドキして。
同じところで泣く。
褪せることない映像の記憶と写真。

ワクワクする何か種を埋め込まれた。
こういう出会いが、私の今を作ってるんだろうな。
面白いこと、綺麗なもの、好奇心。
これが不足して、パワーダウンしてます。





わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000