少年時代

この歌をきくとこの絵を思いだす。

笹倉鉄平の版画、「自分の中の少年」

そしてこの絵を見ると「リバーランススルーイット」映画が浮かぶ。


記憶と連想、まるでネットサーフィンならぬ脳内サーフィン。

お盆休みにみたアートがそんなふうに連鎖した。


ダヴィンチを見にこちらに。

ここでみた肖像画の人物に記憶がよみがえる。

チェーザレ・ボルジア、マキアヴェリ、なんかむずむずしてきた。

漫画を思い出して読み直す。

人から、時代を連想する。

そして訪れた美唄で、またイタリア。

リンクするとわくわくが倍増する、呼ばれた、気がする。

今やってるのは「時に触れる」展

目をとめたのは「人生を愛することは平和をつくることだ」展

ここ、知ってる、私、いったことがある。

つながった、そんな気がする。

何に? わからないけど(笑)


25年前の私がここにいた。

ただそれだけのことが嬉しかった。


そう思うと私の脳内、落ち着きがない。

あっちこっちに飛び回っている。

好奇心は弾丸のようにびゅーんとどこかに

飛んでいくのかもしれない。


わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000