if… -ハッピーエンドが好き?

昨日、「君の名を」をみた。

遅いよね、出遅れたので、情報がいっぱい。

先入観満載(笑)


タイムトラベル、パラレルワールド系は好き。

これおかしくない?なんて気にしない。

物理的、矛盾も呑み込める。

映像はむちゃくちゃきれいだし。

どこか斜めから見てる自分はおいといて(苦笑)

でもラストが、好みじゃなかった。

なんで??


テレビドラマで、「時をかける少女」や「七瀬ふたたび」が好きだった。

本もいろいろあるけど、原点というか。

やっぱりこの2冊かな。

ロマンチックなファンタジーの世界、嫌いじゃない。


なのに映画を観終わった後、夫につぶやく。

「あの雨の歩道橋で、すれ違って終わるほうが好きかな」

ハッピーエンドでいいじゃんという夫。

バッドエンドが好きなわけじゃないけど。

ハッピーエンドが嫌いなわけじゃないけど。


映画に関しては、ちょっと余韻があるラストが好き。

名作でいうと・・・

スカーレットは、レッドバトラーに去られ。

アン王女は現実の自分の世界に戻っていく。

でもその先に想像を膨らませて、妄想するわけですよ。


なにかを手放して、何かを手に入れる。

漫画「鋼の錬金術師」だと等価交換。

人魚姫を足を手に入れたら、声を失った。


だから、あそこですれ違って終わってほしかった。

あーーーと、すごく残念に思いつつ、終わりたかった。

なんて天邪鬼なんでしょう、はい、わかってます。


しいていうと韓国版の「イルマーレ」のラスト。

ああいう余韻がじつはツボです。


きっと潜在的に、if、もしも、たらればの世界。

否定してるのかな。

やりなおして、タイムトラベルでうまくいく。

そんなわけないじゃん。

だったら、なにか大事なものを手放してほしい。

パラレルワールド、元の世界はそのままなんだし。

ってことで、そういう世界が苦手なんだと気がついた。


はぁ、純粋に楽しめる心を、どこに置いてきちゃったんだ。

ためいきをついてしまう。


わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000