あたし、おかあさんだから -炎上してるけど、そんなに変?

あたし、おかさんだから、そんな時代があった。



OLやめて結婚して、子供産んで。

ハイヒールやめてスニーカーになったし。

子どもがべたべた触るから、化粧もやめた。

ラジオ体操のある夏休みの朝はつらかった。

野球少年の母だったときは、土日も練習。

朝練があるから、弁当があるから、5時にもおきた。

うん、おかあさんだから。


呪いとか、気持ち悪いとか、美化してるとか。

そういうことばに傷つく人もいるんだけどな、とちょっと思う。


私のやってたことって、自己犠牲?

ううん、目の前にあることやってただけ、必要だから。

楽しいときも、いやいやなときもあった。

どっちかだけじゃない。

まして、だれかにこれ、やらなきゃダメだなんて言わないし。

めんどくさいよねー、と同じ境遇で愚痴ることはあったけど。


そんなに怒らなくても、いいんじゃないのかなぁ。

多様な生き方、働きかたがあるっていってるのに。

どうしてそんなに一方を否定したりするんだろう。

逆に古いよね、そんな考え方、って笑い飛ばしてほしい。


昔、「関白宣言」って歌で、女性蔑視だとか大騒ぎになった。

できるかぎりで、かまわないからって歌ってるのに。

言わせておけよ、って思えばいいのに(笑)

そんなひと選ばないし、私。


知らない歌が、知らないうちに大騒ぎになってる不思議。

大丈夫、これで洗脳なんて、いまどきされないし。

自分がこう思う、の発信なら読むけど。

こういうふうに感じる人がいるはず、なんて忖度はいらない。

片方を強く否定することで、もう片方が傷つくって考えないのかな?

だって、私ちょっと傷ついたもん。

自己犠牲だとか、美化だとかって否定されて。

 

やってないし、って息子に否定されるかもしれないけど。

私はやっていた「つもり」です。

そしてそのころを振り返って、よくやったって思う。

受け取り方しだい、なのかもしれないけど。

強い否定のことばの持つ力が、怖い。

やさしくない、と思う。


あえて、少数派の時代遅れかもしれないけど。

こんな風にやってきた自分を、後悔してない。

歌のせいじゃなくて、気持の持ちようだと思う。


この歌聞いて辛い人は、がんばらなくていい。

この歌聞いて懐かしい人は、おつかれさま。

この歌聞いてばかばかしいと思った人は、スルーすればいい。


どう受け取るかはそのひとしだい。

いろんな情報があふれる世の中で、溺れないように。


わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000