ただありがとうを伝えたくて

誰かの訃報を耳にするとき
驚き、呆然としたあと
心残りがあるだろう、と思うのをやめた。
きっと思うままに生きて駆け抜けた。
そう思うようにしている。

何で読んだか忘れてしまったけれど
誰かの分まで生きるなんて思っちゃいけない。
今生、自分を生き切るだけで
ひとは精一杯なのだから
そんなニュアンスの言葉を思い出す。

直接学べた時間。
そこで知り合った仲間との今の縁。
ただただ、ありがとうの一言に尽きます。
くらしは循環する。
テーブルに置かれたカップを見て思う。
そういうことなんだよな、と改めて。


ご冥福をお祈りします。




わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000