ほぼほぼノープランの1日のはじまり

前日に「ことりっぷ」で目にした朝食を食べに築地へ。
築地本願寺は、日本の寺じゃない。
行ったことはないけれどインド。
狛犬じゃなく、獅子かな。
ステンドグラスも見事でした。
御朱印はなく、記念スタンプ。
これはちょっと遠慮しました(笑)

堂内撮影自由です、と。
さすがに本堂の奥は、気持ち憚られました。

さて、隣接のcafeです。
結構混んでました。
まさにこだわりの食卓。

皿を持ち上げたらちゃんと書いてありまして。
これが何かわかる仕組み。
築地の卵焼きや練り製品、試食できた。
ある程度お腹を満たして築地市場に。
最初で最期の築地。
場内市場は10月で移転。

傘の花が咲く、外国の人が多い。
歩けません、と言いたくなる人混み。
まずは卵焼き。


あ、有名なお店は行列です。
でも一切れ100円は、はしごできそうで嬉しい。
ぐるりと場外市場をめぐる。
食べてないので印象ですが、安い。
札幌や小樽の市場が高く感じた。
量が違うのか、断言できませんが。
この賑わいと行列、何を物語っているのか想像できちゃいます。
ぐるりと場内へ。
奥は撮影禁止です。
時間がおそく、発泡スチロールの箱。
ホースで片付けをする人々と
ほんとに古い趣のある場所を目に刻んできました。
観光客も、名残を惜しむようにあちこちで
カメラを構えてました。
アメ横は何度か行ったけど初めての築地。
もっと早く来なかったこと悔やまれます。
なぜ吉野家が行列?
「はやい、うまい、やすい」
魚河岸衆のために生まれた丼。
ここが一号店でした。
こんな買い物かご、なんていうのかな。
重くないように肩に編み込まれて
使い込まれてる道具にうっとり。
古き良き昭和、続いていた歴史。
なんとも寂しいような
でもやっぱり限界なんだろうなとも思う。

わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000