家電、「かでん」じゃなく「いえでん」

ポケベルがとうとう廃止になったらしい。
私は使ったことがない。

スマホじゃなくガラケー、アナログ派。

で、今日は家電の話。
かでん、ではなく、いえでん。
家電話、のこと。

もはや最低の機能で充分。
FAXも留守番電話もなし、通話のみ。
シンプルなものに変えたのは数年前。

ところが、この電話、鳴ってもでないという夫。
テレアポがほとんどだから、という理由。
でも実家の親や学校などから時折かかる。

ガラケーに番号が転送されるので、確認して掛け直す。
とりあえず出てくれればいいのに、まずでない。
そのくせ、携帯にでないと、かけてくるという不思議というかわがまま。

で、今日も「鳴ってたよ」と。
番号検索したら、なんと長男の大学。
慌てて掛け直すと教務課。
本人につながらないので、掛け直して欲しいと。

なんてアナログなんだ、と思いつつ。
取り急ぎ伝言、LINE。

そういえば次男も大学から電話きたっけ。
「貸し出した本の返却期限が過ぎてます」と。

意外にアナログな気がするのは私だけ?

昨日聞いた小学生の見守りシステム。
学校から出たら、親のスマホにメールが来るシステム。

変化が早く、行き渡るまで時間がかかるのか。
家電話がなくなる日もそう遠くない気がする。



わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000