クリスマスに読みかえす本

1897年アメリカの新聞「ニューヨーク・サン」の社説。
毎年、とは言わないけれどこの時期思い出し、読みかえす。
むかしの本って、こんな風に布張りだったりする。
クリスマスだから、赤なのか、金文字なのか。
カバーはうっすら陽に焼けて、色が薄くなってるけど。
大切な一冊。


今は、こんなカバーになってるようです。
同じひとが書いてますが、時代の違い感じます。

クリスマス前、賑わう本屋さん。
特別な一冊を手に入れる、そんなプレゼントもすてき。

ほしいときについポチッとしてしまう私は、その特別感がない。
でもクリスマスに本を贈る習慣に憧れます。

家族で楽しむクリスマス、の次の自分で楽しむクリスマス。


わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000