ようやく長崎市内観光 その1

復活したら、もうじっとしていられない(笑)
最終日にようやく長崎市内観光です。
まずは伊王島から長崎駅に向かい、荷物を預け、いざ出発。
とその前に。
大好きなものを手に入れる。
長崎といえば、茂木のびわゼリー。
しかもここ、いちまるこうじゃないと。
去年はびわが不作だったそうで、駅でも空港でも見かけず。
市内の直営店でしか取り扱いがないとか。
よかった、買いに来て。
バスか路面電車か、移動手段に迷う。
一日券を使い路面電車を選ぶ。
いろんな色や形のものが走ってて、乗り降りも楽しい。
しかも、すぐ来る、ほんとに市民の足だわこれ。
路線図を見ながらどこへ行こうか。
人生2度目の長崎です。
20代の頃一度、平和公園にきました。

よし、グラバー邸から行ってみようか。
あ、レンガ、曲がっちゃえ。
なるほど、こんな建物。
やっぱり洋館が似合う町。
さて、とまた元の道に戻ると、また足が止まる。
あれ、ここ、知ってる。
きたことはないけど、昔の知り合いにあった、そんな気分。
そう、長男が生まれた後、郵便局で見かけたチラシ。
そこから中学生になるくらいまで、続けていたぶっくくらぶ。
絵本選びは好きだけど、私の好きだけじゃ世界が広がらない。
誰かが選んだ本、もいい。
まして、それに情熱を注いでいる人がいるなら、と。
毎月2冊、大切に読み聞かせました。
次男が生まれるまで。
その後は、追われて、思い出した時に。
なにか覚えてる絵本ある?と聞いてみたら
長男は「おしいれのぼうけん」、次男は「3びきのやぎがらがらどん」
私がうんざりするほど読まされた本じゃなかった。
記憶って面白いな。
2階、3階のぎゃらりでは原画展。
なんとも贅沢な空間でした。

私が本に再会して懐かしさに浸ってるあいだ
夫は角煮まんを食し、ビールを飲んでました。
そして、「ほらほら好きな場所でしょ」と促されたここ。
うーん、違うんだな。
こっち、こっち、大浦天主堂です。

猫がお出迎え。
でもすぐ、私に背を向ける、つれない。
実は『沈黙』という映画を去年みて、どうにも消化できず。
すごく重くて苦しくて、展示品をみたらまた思い出して
信仰ってなんだろう、と辛くなりまして。
どうして人はここまで、深く信じたり、恐れたりするのか。
ここにきても、まだ、やっぱりわかりません。
わからないことは、まだ、考えることをやめてはいけない。
そんなこと思う、祈りのまち。



わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000