ただ、ありがとうと伝えたくて

稀勢の里、引退かぁ。

特別、相撲ファンというわけではありませんが
なんとなく相撲に縁があったここ数年。
なんとも言えない気分です。

初めて見に行ったのが、2017年3月24日。
奇しくも稀勢の里が横綱になっての初場所。
入手困難なチケットを、手に入れた。

ただし、前日の怪我で欠場かとテンションが下がり
出てきた!と思ったら、がっかりな取り組みだったのを覚えてる。
これがターニングポイントだったのか、と。


2018年は節分の時に成田山。
私の目の前で黒塗りのハイヤーが止まり
バタバタバタと、扉が開いて、通り過ぎたお相撲さん。

あなたは誰?(笑)


存在感、ありました。
もみくちゃになり、撒かれた豆も拾えず。
空気だけ体感。
帰り際に目の前を通過。
すごい熱気でした。
こっちを見てくれてありがとう。

GWに、たまたま両国で。
目の前の建物が国技館だと知って、ぶらり。

売店でお土産に買った番付表。
いろんな騒動がありつつも
私に相撲、というものを意識させてくれた数年。
そこにしっかりいたのが稀勢の里。
お疲れ様でした、しかありません。


わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000