神様と、和菓子と、私

昨日のできごと。
朝早く起きて、神社にお参り。
氏神さまの石狩八幡神社です。
雪の向こうに堤防があって、石狩川が流れています。
旧姓の由来か、DNAに刻まれているのか。
水のそばにある神社や鳥居が好きです。
気になった 文化10年の文字。
この鳥居は八幡神社の前、弁天社の鳥居で
もっと古いもので、1813年。
今から206年前、江戸時代。
50年後とはいえ、石狩八幡神社も古い。
この時代って?と調べたらほぉー、という人が生きてた時代でした。
そんな余韻に浸ることなく、走る。
10時に開店する和菓子屋さん。
づくめ団子で有名ですが
わらび餅もすごい。
きな粉で、ぬりかべか、という状態。
一瞬自分が何を買ったか、わからなくなりました。
ザクザクと掘って探す。
こぼさないように。
あ、緑は練り切り。
ザクザク、ざくざく。
発見。
お昼に美味しくいただきました。

メインはこれ。
限定のひな寿司。
ひな祭りの時期に、チェックして早数年。
ようやく買いに行けた。
和菓子です。
匠の技を堪能します。
まだね、手をつけられない。
賞味期限は3日。
もう少し目で味わいことにします。

雛人形を出すのを諦め、気分を味わう。
見に行けたし、見にいくし。
今年は外で愛でることにします。


わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000