サウスポー -ボールペンは書ければいい

「私の彼は左利き」と「終止符」と、迷ったタイトル。

ズバリ、左利きでいきます。

ぎっちょと言われた昔から、左利きです、筋金入り、純正。

箸も、字を書くのも左。

ハサミと習字だけ、右。←時代背景もあるのかな。

ハサミは紙を動かすので、問題なし。

昔はなかった左利き用ハサミ。

習字は止めとはねが、左じゃできないから。

なにより書道は「道」なので。

文房具にあまりこだわりがないのは、書ければいいから。

左だとボールペン、書けないことが多い。

なぜかインクがでない。

え?って思う? 

え?じゃないんです。

何ミリとかどうでもいいの、書ければ。

インクの種類? いいの書ければ。

どうしてかネットで検索してみると、いろいろ出てくる。

ひくか押すか、角度と回転の違い。

ボールペン選びをすればいいけど、もう書けないモノだと思っていて。

おススメのボールペン探し、書き比べたことなかったかもしれない。


ZEBURAでこんなページ発見 →


左利きで不便なこと。

1番はね、インクが出ないことなんだってば!

カードで買い物して、サインするとき。

銀行・郵便局・役所で書類書くとき、まずぐるぐると輪を書く癖。


宅配のサインとか、日常でけっこう不便。

そういうものだと思っていたけど、みんなじゃなかった。

マイボールペンを探して持ち歩けばいいのかとも思うけど。

なくさないで使う自信もないし。

なので、書けないとき、ペン貸してください(笑)

わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000