夢見るころを過ぎても -やっぱり、夢はみよう

いつのまにか夢は叶えるもの。

夢がない、と嘆くひともいる時代になった。


もう青春なんて言葉は、ずっと遠くに置いてきて。

熱い想い、とか、胸キュンなんて忘れたけど(笑)


やっぱり夢はみるもの、だと思う。

まず、夢見ないと、叶わない。

大きな夢を描くのもいいし、ちいさな夢をみるのもいい。

毎日のくらしのなかで、きっと

目標になったり、満足できたりするはず。

私はやっぱり旅したい。

いろんな景色をみたり、誰かに会ったりしたい。

行きたいリストをカレンダーにして、届いた。

カレンダーをつくったときのblogがこちら

到着、みてるとわくわくする。

なにより、「行きたい」が「行く」に変わった。


2018年、どんな夢をみますか?

漠然でいい、でも意識したらきっと変わる。

そんな気がする年末です。


そして現実。

年賀状かいてます。

プリンターが壊れて、ごめんした数年前。

枚数は減ったけど、学生時代やOL時代の懐かしい人に。

顔を思い浮かべつつ、短い一言と、宛名書き。

たぶん、一年で一番、文字を書いてます。

遠くにいる、懐かしい人に、元気だよ、と伝える時間。

めんどくさいけど、大事にひっそり続ける予定。

わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000