Runner ー箱根駅伝、スタート

夜中まで、久々の家族団欒。
爆睡する息子を放置して、朝活。
東京駅を背に歩く、歩く。

少ない人が動く場所が目的地のはず。


結婚して以来、毎年正月は家で、駅伝を見てた。
いつかは、の夢が叶ったのは一昨年。
復路のゴールを見た。
正しくは雰囲気に触れた。

今年はスタート前の、わくわくを見に行く。

朝7時過ぎ、スタッフシャンバーにテンションが上がる。
各校応援団は、試合を盛り上げている。
OBOGの顔が浮かぶこの大学をチェック。
まだ朝7時半になってない。
応援合戦も見所かも、なんて思う。
中継車、報道カメラもスタンバイ。
ものすごい人、人、人。
でも車はまだ普通に往来している不思議。
ここがスタート地点。
選手がウォームアップする姿がみれる。
警備におまわりさん、密かにイケメン率高し。

でも、ここでじっとしてられない(笑)
反対側、まっすぐ走ってきて左に回る。
向かい側に移動して、待機。
読売新聞前でスタンバイ。
先導の白バイの動きで、カウントダウン。

8時ちょうどにスタート。
おーー、気分は最高潮。

・・・ここで、痛恨のエラー。
連写したつもりのスタート、写ってない。
新年初エラー、でも空気はちゃんと感じた。
ほんとあっという間に走り去ります。
続きはホテルでテレビ観戦しましょうか。
応援団は、これから箱根に移動かな。
朝早くから、お疲れ様です。
舞台裏を見た気分で、面白かった。

ホテルに戻ってテレビをつける。
もうこんなに走ったの?
すごいなぁ。
そして息子たちはまだ寝てます。


わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000