星に願いを ー超・現実逃避

月曜から現実逃避気分。
読書どころか、もっと遠い世界に行こう。
国立天文台編集、誰も見たことのない宇宙の地図。


本当に綺麗な写真がいっぱい。
ページをめくりながら、思い出す星空。

父の実家の音更で見た星空。
玄関を出たら、真っ暗で、車の姿すら見えなかった。
田舎をなめてはいけない、と思った。
開陽台で見た流れ星も綺麗だった。

お寺のプラネタリウムは長男と。
もう去年の出来事。
男の子は星空が好きだ、と思ってた。
残念なことにうちの息子は違った。
ロマンを感じるのは、現実逃避の私だけ。

何せこどもの頃からの刷り込み。
ノストラダムスの大予言から、宇宙戦艦ヤマト、銀河鉄道999、機動戦士ガンダム。
宇宙は身近だったんだもの(笑)

絵本を久しぶりに眺める。
雲がね、お月さまを隠すんだけど
ごめん、おしゃべりしてただけって。
読み聞かせてた私は、どんな顔してたのかな。

なぜか眠たくなる宇宙のはなし。
だから、いまだに読み終わらない。

星空を見上げてもすぐ眠れる。
あ、そう、眠れないことがない。

宇宙の地図。
どこかのホテルのギャラリーか本棚にあった本。
本も出会い、必要な時にふっと顔を出す。

タイトル曲は、星に願いをだったけど
そういえば願ったことがなかった気がする、星には。



わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000