唐獅子牡丹 -富貴な花をみつつ浮かんだタイトル

王者の風格のある、富貴な花、牡丹。

なぜか浮かんだのはOL時代の上司の十八番。

高倉健の歌う「唐獅子牡丹」

あぁ、オヤジギャルと呼ばれたバブルの時代を思い出だす。

こんなきれいな花なのに(笑)

自分の感性に笑える。


3日目は上野公園からの、花めぐり。

桜は散っちゃったけど、見頃を迎えた花がある。

しかも、今が盛り、行かなくちゃ。

御朱印めぐりも旅の楽しみ。

上野公園、なんども来たけど知らなかった。

いつもと違うエリアを散策。

鳥居が並んでいるところは、外国人に大人気。

日本に来た、ってインスタ映えしそうですもんね。

邪魔、と思う心は押し殺して、ようこそ日本へ。

心の中で笑顔をつくる。

やばい、御朱印がスタンプラリーになっているかも。

そんな自分に気がついて、しっかりお参り。

上野公園の中だということを、忘れてしまう。

しずかな、しずかな空間がぽっかりと出没。

なるほど東照宮。

中に入りたいけど、牡丹園が気になって。

東照宮は逃げないから、次回に。

今が見ごろの牡丹園にいく。

雨がふりそうだから傘?

もちろん雨もですが、日光も大敵。

日傘も兼ねているとのこと。

雰囲気がよりいっそう、雅で、富貴な花にぴったり。

ぱしゃぱしゃ、とつい写真を撮ってしまう。

建物じゃなく、花を夢中で撮るなんて、めずらしい。

ほんとに見ごろでした。

石庭風で、5重の塔を背景に。

曇りで、降りそうな降らなさそうな。

そんなぎりぎりの感じの天気がまたいい。

ぶらぶら、出口を目指して、さすらう。


そう、ご挨拶しないと、旬の人に。

たしか大河ドラマの最初にでてきた銅像。

「違っ。旦那さあこげなお人じゃあいもはん!」

黒木華演じる糸のセリフを思い出す。


今回のめあては牡丹とこちら。

強運・勝利・出世おまもり。

徳川家康の月命日の17日にだけしか手に入らない。

しかも夫は辰年、龍よね。

頑張って働いてくださいませ、と願いもたくさん込める。

次なる花を愛でに、移動します。


わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000