旭川デザインウィーク 2

旭川デザインセンター到着。
もう何を見てもドキドキします。
楽しすぎる。
とても伝えきれない(笑)
バルーンアートでお出迎え。
螺旋階段をこれでもかと、活用
雲に乗っていく気分。
地産地使用、くまさんいいこと言うわ。
このベニヤの重ね、好き。
テーブルコーディネートも美しく。
見せ方を知ってるってこういうこと?
スッキリしたスタイル
かくありたい、と心に刻む。
小泉誠さん、発見。
大雪の大切プロジェクト。

コサインの小物はやっぱり目が離せない。
ガラスの照明。
ランチの時に名前が出た作家さん。
タイムリーすぎてびっくり。
蔵囲夢でも見たクラフト。
この箱入りスプーンが、切り取られ
スプーンとトレイに変身する。
わかります?この透け感。
スタッフさんと話すとより興味が膨らむ。
東川といえば、君の椅子。
生まれた年ごとにデザインが変わる。
生まれた赤ちゃんのためのファーストチェア。
東川日本震災時には「希望の椅子」
思いのこもった椅子が最近
戻ってきたと言うニュースも。
カンディハウスのファクトリーツアー。
撮影禁止ですが、歩く歩く。
こだわりの品質が生まれる場所。

ワークショップも体験。
ヤスリで削って塗装。
嬉しいお土産。
カンディハウスの新作発表もありました。
これ、すごーく好き(笑)
強度もバッチリ、恐る恐る座って見た。

50周年を迎えるカンディハウス。
カクテルアワー。
ちょっとセレブな気分。
帰りのお弁当付き。
もうほんと、ありがたい。
至れりつくせりのツアーでした。

敷居が高い気がしてました。
とんでもない。
めいっぱい楽しんで、時間が足りなかった。
来年は1泊したいかも。

上質の家具に触れてきました、宮脇先生。


わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000