W杯が終わってでてきて、思い出す

フランス優勝かぁ。
決勝は、試合前からアトラクションみて
ふと睡魔に襲われ、目覚めた瞬間PK。
なのにそのまま不覚にも深い眠り。
次に耳に入ったのは、表彰式だった。

片づけてたら、発見。

2002年のW杯、私はアッズーリが好きだった。

決勝リーグは全試合みた、幼稚園の次男と真剣に。

そして彼はサッカー選手になると言っていたのに。


1年生になると、仲良しの友人と剣道を始めた。

2年生最初の個人戦で、市の大会で銀メダル。

そりゃぁ、楽しいよね、結果がでれば。

そしてビギナーズラッキーが続く。

このころの笑顔が、妙に懐かしい。

まさか、この先9年続けるとは思っていなかった。

まして、イヤイヤつづけることになるとは・・・

輝くような笑顔だった最初のメダル。

すっかり色褪せて見えたこともあったんじゃないかな。


母(私)の方針で、泳げないといざというとき困るからスイミング。

北海道の子は、絶対できると思われてるからスキー。

この二つは必須の我が家。

その他に武道、長男は少林寺を選び、次男は剣道を選んだ。

小学生は学力より体力、運動という教育ママ。


中学年になると、ほかにやりたくなるらしく。

泳げるようになったスイミングをやめて、野球を始めた長男。

次男はサッカーをやりたかったらしいが、オトナの事情。

野球少年とサッカー少年はひとつの家庭では正直無理。

親がサポートできない、サポートなしでは辛い小学生。

幸いまんまと野球にはまり、将来の夢は「阪神に入る!」

なぜ阪神? はおいといて(笑)

仲間に恵まれ、弱小チームから、少しづつ強くなっていった。

小学生最後の試合は優勝で終わった。


市内の駅伝大会も、もちろんかるく強制。

長男の代は優勝。

その後優勝旗がもどってくるまでに10年かかったらしい。

大きな市ではないので、メダルや盾をいただける確率が高い。

もちろん頑張ってたけど。

この裏の苦い思い出もいっぱいある。

スポーツをやってるこどもをもつ人なら、いろんな体験をしたはず。

応援してて、嬉しいことも、理不尽なこともたくさん。

それも含めて、体験できた時間がいまは懐かしい。


がんばっても、がんばっても結果が出ないこともある。

運も実力のうち、といわれる幸運もある。

スポーツに限らず、なにかに挑む人を応援したくなる。

自分ではチャレンジしないんだけど(笑)

そういう立ち位置もありだよね。


スポーツをしない、自堕落な大学生の息子ふたり。

それでもきっと、基礎体力の貯金はできたはず。

怪我に泣いたこともあったから、対処もわかる。

辛かった時間もいまは、懐かしいと思ってるかな。


いまだに少年野球をみかけると、きゅんとします。

暑い中、たいへんだけど、かけがえのない時間です。

心のなかで、いつもエールを送ってます。



わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000