後悔先に立たず、を噛み締めた

山歩き。
暑い、体力がない、暑い。
鞍馬側もキツイけど
絶対貴船側の方が辛いんじゃないか。
急な坂道を下る。
貴船から登って来る人に
引き返すなら今のうちだよ、と
心の中で囁きながら歩く、歩く。
自然の力を感じつつ。
ひとやすみしながら、足を進める。
シュッとしてきれい。
休みつつ写真を撮って、気持ちをあげる。
一気に黙々と歩きたい夫は、これが嫌だったという。
もちろん後で、ぽろりと呟く。
私は、ペースを合わせてくれず歩く夫に不満だった。
うん、夫婦で登山はやめようね(笑)
お互いペースが合う人とがいい。
ここは共通の趣味にしないを選択しよう。
気づいて、気づけてよかった。
森の中から日なたに出る。
日差しに耐えきれず、後悔。
甘くみすぎてた。
ちょっと試す、レベルじゃなかった。
そもそも山歩き向いてないんだ。
私を応援してくれてる?
ちいさい生きものに癒される。
とにかく山は下りないと。
貴船に到着。
振り返って、よく歩いた私、自分を褒め称えた。
もちろん心の中で、ドヤ顔で。
賑わってます。
達成感が半端ない。
川床を覗き込むが、もう混んでて断念。
予約しないとかダメなんですね。
予約なしでもってとこも人が溢れてました。
気を取り直して貴船神社に。
七夕かざり、夜間拝観もやってます。
ここが1番若い女子が多かった。

参拝の行列がすごくてすごくて。
なぜ、こんなに人がいるの?
お盆だから?
圧倒されました。
七夕飾り、あぁ観れてよかった。
光を透かして、青もみじもきれい。
下ばかりじゃなく上も見ないと。
素麺にも青もみじ、涼を感じます。
帰り道、大渋滞でバスを降りる。
こんな細い道を、マイカーとバスが行き交う。
渋滞の原因は大型バスと大きめの車
すれ違えなかったから
京都の交通事情、観光地ならではの問題。
暮らしていると大変だろうな。
途中からこんなに道が開けた。
歩くほうが早かったけど、もう歩きたくない。
こんなに歩く予定じゃなかった。
でも歩いた。
そしてゴロゴロという音が近づいてきた。

続く


わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000