道路状況とマラソンと私

朝起きたらテレビでアジア大会のマラソン。
ふと、なんで走るんだろうと思った。
クライマーにどうして山に登るのかと聞いたら
そこに山があるから
そんな話を思い出しながら。

あ、今日は北海道マラソンだ。
友人やその知人が走る。
コースをチェック、あ、まだ間に合う?
手稲前田の森林公園近くが折り返し。
すごい人、こんなにたくさんの人が走ってる。
沿道の応援もいろいろ。
こんな風にタッチする写真もいいよなぁ。
レース状況はアプリとゼッケン番号で確認できるらしい。
何か面白いことできないかな。
来年に向けて、考えてみたくなった。

仮装で走る人。
誰か知ってる人こないかなぁと見つめる。
わからない、探せない、走り抜けたあと?

目立つように待ってたらランナーからはわかる?
給水所にスタッフ。
ボランティアで、声をかけたり手渡したり。
予想以上に長く人も多い。
あぁ、閉鎖時間がある。
そうここは交通量もある公道。
この時間帯、通り抜けが出来ず移動に不便。
それがすごく憂鬱で、出かけないか、前後に調整。

こうして沿道で応援してるとそんな不満を忘れる。
もっと応援したくなる熱量を感じる。
走りたい、とはまだ思わないけど。
仕事帰り、見かけた場面。
時間を過ぎたらバスで拾われるのか。
何台も目にする。

そしてランナーが走り抜けたあとの道路で
ボランティアの人たちが片付けしてるに違いない。

紙コップひとつ落ちてない道路を走りながら
市民マラソンっていいな、と感じた。

来年は応援したいので
作戦会議とプランを考えよう。

なんで走るの?
をランナーに聞いてみたい。
きっといろんな答えがあるんだろうな。
自分が走ってみないと見えない景色もあるんだろうな。
まだまだ、走る準備はできてない。
まずは知って応援する。



わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000