憂いがあるなら、備えればいい

昨日は自分の不安と少しだけ向き合いました。
そして、立ち上がった(笑)
また夜の余震なのか震度3で落ち込みそうになり
でもしっかり寝ました。

我が家はこういうこと、備えも全て私が担当。
夫は、ケ・セラ・セラ、なんとかなるさタイプ。
そりゃあね、私が準備してるもの。
備蓄のミカン缶にもはや手をつけようにして、ピシャリ。
まだ早い!

通電した今、今度停電したら必要なものを考えた。
実はクーラーボックスがなかった。
発泡スチロールでしのいだけど、買おう。
調べたら、機能、価格、デザイン、重さ。
迷う、今じゃない。
考えたら冷蔵庫は巨大なクーラーボックス。
取り出すタイミングを考えてもっと使おう。
それでももちろんクーラーボックスは必要です。
まずは、オススメの保冷剤を買ってきました。

冷凍庫一掃されてスカスカ、保冷剤天国。
おにぎりも一応。
不安だとついつい備えすぎる。
ここ全部おにぎりにしてどうする。
ガスで炊ける、だから一回分が我が家の適量。

まず今出来たことがこれ。
スーパーに行ったら牛乳発見。
野菜も少し手に入れた。
北海道の底力を見た気がする。
季節も幸いして、贅沢、好き嫌いを
言わなければ食べ物はあります。

水も電池もありました。
ガソリンももう大丈夫。

まだまだ被害が大きく大変な場所もあります。

余震に備えつつ、「自助」
なるべく人に頼らずに、身を守る。
自分、家族、身近な人。
それだけでも違うはず。

電気が緊急優先度順に復旧したように。
停電が長かったエリアがきっとそういう場所。

節電しながら備えて、不安を少しでも解消できますように。
エアコン、ストーブ、繋いでたコンセント抜きました。
節電タップも利用、スイッチを切ります。


気になること、今できること、やるべきこと。
焦らないで、頑張らないで、やっていきます。
石狩は元気だよ、って言っていいですよね?

SNSでは台風の関西の被害が置き去りになっていると。
テレビが報道しない情報をネットで拾う。
日本各地で災害で今も大変な地域が
復興に向けて動いている人がいる。
もっと継続して、伝えてほしい。
  

わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000