図書館に行こう、本屋に行こう

欲しい本はAmazonで、ポチる。
調べ物もついネット頼み。

でもアナログも好きで
待ち合わせは本屋がありがたい、
遅れても、待っても時間が気にならない。

これは図書館で借りた。
紙の本はなくならない、と思う。
でも本屋さんはどうだろう。

決まった本を買うなら、わざわざ足を運ばない。
でも私は本屋さんも好き。
思いもかけない出会いがあるから。
普段読みつけない詩の本を手にしたのは
タイトルと帯にある文字。
萩尾望都さん、なんだもん。
もう次には探せない気がした。

後の2冊も目について。
手に取ったら買っていた。
装丁買い。

週末は片付け予定。
息子のライトノベル、手放していいよと確認。
少し出して、溢れてる本をしまう。

本は買うし、借りるし、電子書籍も読む。
コレクションするし、手放しもできる。
意外に自由自在に付き合ってる。
ただね、線を引いたり書き込みができない。
付箋は貼れるんだけどね。
読み返す本は、線が引けたらいいのにと思う。
チャレンジしたい。
デザインを学びたいわけでもなく
クリエイティブを目指してるわけでもない。
でもなぜか手元にやってきた。
面白くおすすめ。
気になるところに付箋いっぱい。

わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000