本は買う?かりる?

そういえば、以前友人に面白いことを聞かれた。
「あさちゃんって、古本を買う、本屋で買う
   図書館で借りるどんな割合?」
「1:1:1」と咄嗟に答えたけど、どうなんだろう。

タイトルも作家もわかってるおすすめの本は、古本でポチ。
本屋には、隙間時間に立ち読みに行って、出会いを求める。
図書館は月2くらいで、気になる棚からガツンと借りる。

Amazonのおきにいりのカートに、積ん読とか。
気になる本を忘れない努力と
新しい出会いと、おすすめで読んでます。

図書館本と蔵書。
これが彼女の最後の本だと、訳者も同じことを知ったり
新刊と古本で、とっつきやすさが変わる。
ビジュアルブックは手に取りやすく、読みやすい。
私に絶賛おすすめ本と言われたらこれ、誰にでも読んでほしい一冊。
作家の自伝?を図書館で発見。
まだ読んでないのですが、わくわく。
図書館の本に時々あるギフト。
同じ本を借りる人って、傾向が似てる(笑)
まるで、私が選んだみたい。
そんな風に出会う本もある。

要するに乱読で、行き当たりばったり。
気に入った作者を深く続けて読むこともある。

以前は予約したりもしたけど
読みたいタイミングと気分があって
待つと旬を逃す。

それなら、次の旬まで積ん読でいいかなと。
借りた本は期限があるので、必死で読む。

読む読まないに関わらず、読みたい本がいつも手元にある。
カバンに入ってる、旅のお供に、車の中に。
それが心地いい状態。
活字中毒です(笑)





わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000