消耗品だと思ってた道具を見直す

隠しきれない日常感が写り込む写真ですが。
茶道具を検索するのが、最近のブーム。
そんな中で、菜箸を買い換えました。
以前から使ってた100均のものと、新しい竹箸。
随分使い込みました。
意図せず、ねじりが好みだと気づく。

トングではなく菜箸派、大事な道具ですが「消耗品」
どうせすぐ痛むし、と思っていたけど、数年は使う。
100円が1000円になるって、高い(笑)
でも違いは値段だけ?

軽さ、握りやすさ、掴みやすさ。
全然違いました。
割り箸も、一定数は持ちます。
増えすぎないように、輪ゴムで止めて
多い分は、消費していきます。
コンビニでは断るようにして、増やさないように注意。

ついで普段使いの箸をチェック。
私は竹箸が軽くて好きだけど
家族は塗り箸を使っていた。

左から、手放す2膳、次男1膳、夫3膳(弁当用含む)
私が1膳、春慶塗りの箸箱は実家から来たものでそこに長男分。

たかが箸されど箸。
自分専用で、自分で選んだものを使う。
旅先で、お土産に選んだものばかりだった。
私は菜箸以外、自分で買っていない、そういえば。

毎日使うものを選ぶ、自分で。
私好み、じゃなくても(笑)
毎日使うものを、自分で選ぶと大事に使う。
長く使う。

箸を見ながら、買った時を思い出す。
好きなものがあるくらしを楽しむ。
新しい菜箸が、いろんなことを気づかせてくれた。


わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000