平成が、令和にかき消される

不完全燃焼だったGWが終わり日常に戻る。
ゆっくり過ごしたぶん、もったいない気持ちは残ったけど
疲れていない(笑)
全力で遊ぶと疲れるんです。
気力じゃ体力を補えない年頃。

連休前は平成だった。
カレンダーに合わせた動きで、10連休を感じづらかった。
でも浮かれて、浮ついて準備してなかった。
小さな平成の文字を2本線で消す。
書き慣れない令和の文字を書き足す。
少しの変化を感じつつ、塗り替えられていく。

昭和を平成で消したときは、ハンコが大活躍した。
OLだったから。
そして書類はプリントアウトじゃなく印刷だったし
準備する時間がそんなになかった。
こんなに明るい気持ちで元号が変わるなんて。

去年伊勢神宮に参拝したとき
二見ヶ浦で出会った場所を思い出す。
平成最後、と知って訪れた。
代々のご成婚の時の衣裳のひな人形が飾ってあった。
ちょうどひな人形に興味を持ち始めていたのでパチリ。
そのまま忘れてたけど、思い出した。
こちらの衣裳が現天皇のもの。
この緑に、雅子様らしいと思った。

元号はすぐ切り替わるけど
気持ちはなかなか切り替わらない。
仕事では令和一色に塗りつぶして平成は消していくけど
考えたら、切り替える必要も消す必要もない。
昨日、今日、明日、と続いているだけ。
積み重ねられているだけ。
だいたい根っこは昭和だし。

それでも新年、ついたち、リセットしたくなる。
見直したくなる。
今回は、とくに更新したくなる。

自分アップデートで、手帳の見直し。
もっと活用しようと、ページを埋め始めました。
予定を日時場所、住所まできちんと書き加える習慣。
メモをもっと進化させたい。

新しいことを始めるのではなく
今やってることを更新したり
やりたくてできなかったことにチャレンジする。
それが私の元年のめあて。



わたしらしく、遊びくらしはたらく

北海道在住、工務店勤務、榎本麻子です。 ライフオーガナイザー®︎で、整理収納アドバイザー。 くらしも仕事も「あそび」が大事。 好奇心のむくままに、私の好きなモノ・コト・ヒトつぶやきます。

0コメント

  • 1000 / 1000